タイムシェア(ショートステイ)

タイムシェア(ショートステイ)とは

手頃な価格でハワイのリゾートホテル客室のオーナーになれる

タイムシェアという言葉をご存じでしょうか?実はハワイの日本人オーナーだけでも約35,000人もいると言われているほどに、人気を博している「タイムシェア」。手頃な価格でハワイのリゾートホテルのオーナーになれるということで注目を集めています。

では、タイムシェア(ショートステイ)とはどのようなシステムなのでしょうか。 大きく分けると、以下のような特徴になります。

不動産の共有持分権システム

1週間単位で所有権を購入。面倒なメンテナンスは不要です。

1年を52週に分割し、ホテル1室の「1週間分の所有権」を購入し、「共同所有する」というものです。 タイムシェアは別荘を購入するような高額費用は不要ですし、年間の維持管理費用などをご負担頂くことで、面倒なメンテナンスの手間がかからず、清潔に保たれた部屋が待っています。

タイムシェアは、土地・建物を登記されますので、通常の不動産と同様に永代所有して頂けます。
お客様の資産として、お子様からお孫様へと相続や譲渡もできます。

ポイント制度

1週間単位で所有権を購入。面倒なメンテナンスは不要です。

タイムシェア物件の購入価格に合わせてポイントが設定されます。 価格の高い物件ほどポイント数が高く、このポイントを使って購入された物件以外のリゾートやクラブ施設と交換利用が可能。旅の都度宿泊費を払う必要がありません。

滞在スタイルに合わせた購入方法

タイムシェアには、購入の仕方が「フィックス(固定週)」と「フロート(浮動週)」の2タイプがあります。
毎年決まった週に滞在するのが「フィックス」タイプです。
決まった時期に必ず休暇が取れる方、ハイシーズンでも確実にお部屋を確保したい方にはこちらがお勧めです。
一方、滞在する週を固定せずに、都度予約を入れて週を指定するのが「フロート」タイプです。
休暇時期が不確定な方は、休みが確定してから予約できる「フロート」タイプが便利です。

暮らすような旅

タイムシェアの魅力といえばなんといっても、広いコンドミニアムタイプでキッチンや洗濯機・乾燥機が備わっている、ということです。
普通の別荘と同じような感覚で滞在を楽しむことができます。
また、1LDKや2LDKのキッチン付きコンドミニアムタイプのお部屋が最も標準的で、会社やリゾートにより異なりますが、1LDKの広さは、
日本でいう約70平米、2LDKでは100平米とかなりゆとりあるスペースです。

管理の保全

年間の管理費は開発会社や管理会社のお金とは別口に管理されていますので安全です。
保険や固定資産税、共益費やメンテナンスのほか、家具・内装の積立金や長期修繕計画もこの管理費の中に含まれています。

タイムシェアメニュー

終活(エンディングノート・葬儀事前相談・士業紹介・セカンドライフ)に関するご相談はこちら!!TEL:092-292-5735