終活相談

士業提携

快活ライフでは終活に必要不可欠な士業との提携をしております。

快活ライフでは、終活に関する業務を行う、士業の方々と提携しております。 弊社にご相談頂ければ、士業の方々とお話しをスムーズに進められるよう手配することができます。 どういった業務に対応することができるか、ご覧ください。

成年後見制度

平成12年4月1日よりスタートした「成年後見制度」。
これは、後見人を選び、認知症を発症した高齢者など判断能力の不十分な人の人権を守り、
最期まで尊厳を持っていられるようにすることを目的とした制度です。
後見人は、被後見人の財産の管理したり、身のまわりの世話のために介護などのサービスや
施設への入所に関する契約を結んだりといった権利が与えられます。
ただし、任意後見制度は、公正証書にしないと効力がないので注意が必要です。
その為、専門家への相談が必要不可欠であると言えます。

成年後見制度は2つに分けることが出来ます。

任意後見

判断力が正常な人もしくは、衰えの程度が軽い人で、自分で後見人を選ぶ力を持っている人が利用する制度です。

法定後見

判断力が失われたり、不十分な状態になった人で、自分で後見人を選ぶことが難しいときに利用する制度です。

遺言書作成

遺産相続という時にまず思い浮かぶのが、遺産分割による家族の争いをどのように防止するかということです。
その為にもっとも役立つのが遺言書です。
法的に効力を持つものであり、残された家族に対する最期の思いやりなのです。
ただし、書式や書き方に決まりがありますので、専門家に相談することをおすすめします。

相続税対策

遺産を相続する際に、相続税の支払いのために多額の現金が必要になり、先祖から受け継いできた土地や建物をしかたなく手放した、という話をよく耳にします。
そのような事態にならないためには、相続税をできるだけ少なくするための相続税対策が必要になります。

見守り契約

見守り契約とは、任意後見契約が始まるまでの間、 見守る人と本人が定期的に連絡を取るための契約を言います。
(※ただし、本人に何か大事があった場合の代理人を務めることはできません。)

上記の項目以外にも、終活には様々な事柄があります。
快活ライフにご相談頂ければ、詳しくご説明し、出来るだけお手間の少ないようご案内いたします。
まずはお気軽にご相談ください。

終活相談メニュー

終活(エンディングノート・葬儀事前相談・士業紹介・セカンドライフ)に関するご相談はこちら!!TEL:092-292-5735